カベルネソーヴィニョン

Mayer / Cabernet Sauvignon 2019 メイヤー / カベルネソーヴィニョン

Re037
Re037
Re037

既成概念の破壊者ティモのカベルネソーヴィニョン

全房発酵100%、保存剤少量、もしくはなし、アルコール度数12.5%。常識ではないスタイルだが不快な要素もなく、評論家をも唸らせるワイン。

凝縮した果実の中に清涼感あるハーブも感じ、驚異的なタンニンのなめらかさとエキス感。余韻は長く世界トップクラスのカベルネです。

【原産国】オーストラリア、ビクトリア州、ヤラ・バレー
【生産者】ティモ・メイヤー
【タイプ】赤ワイン・ミディアム・辛口
【ぶどう品種】カベルネソーヴィニョン100%
【アルコール】12.5%

特集記事 Timo Mayerはこちらから

Timo Mayer

MAP YARRA VALLEY

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥9,350(税込)

ギフト用  

ワイン手提げ袋 白  

数量  

ティモ・メイヤー


ドイツ系移民であるティモ メイヤーはオーストラリア産ピノ ノワールの究極と言われているGembrook Hill ジェムブルックヒルのチーフワインメーカーともよく知られていますが、彼自身の名を冠したワインをリリースする様になったのは1999年の事です。ティモは人間の欲望が剥き出しになった様なインスピレーションの男です。食欲や睡眠欲を貪り、綺麗な女性には目がありません。小太りの上に禿げ上がっていますが笑顔が人懐っこく、まるで悪戯好きの少年の様に落ち着きが無く、猥談が大好きな「オッサン」です。数年前に来日した折には六本木の交差点を歩く沢山の女性達を見て「ここは天国だ!」と叫んだ愛すべき「オッサン」なのです。パーソナリティを知った上でティモのワインを味わうと、その驚くほどの緊張感に満ち、エレガンスの極致とも言えるスタイルに感動すら覚えます。美しく保たれた雰囲気の裏側に潜むほんの僅かな狂気。透き通る様な果実感と共存ずる極小のタンニン。そして彼のエロティシズムを反映した様な揮発酸。ティモ メイヤーのワインは紛れも無く彼そのものです。ヤラヴァレーの中でも南側に位置し、特に冷涼なブラッディーヒルで密植されたブドウ樹のポテンシャルを最大限に引き出す為に彼がクレドとするのは人間の介在を極小に留める事。ボトリングまでSO2を一切使用していないとはにわかに信じられない様なワインを生みだす人間味溢れるメイヤーの真骨頂です。※インポーター引用

栽培

ブラッディーヒルから

ワインメイキング

ホールパンチ率は100%。除梗もクラッシュもせずに古樽ごとセラーの最も奥にある冷暗所に放置。樽の表面に液体が上面に到達してからたった数回のパンチダウンを行い、そのまま樽を寝かせて熟成させる。

ファンクなワインを造る。その通りの醸造法で風変わりなカベルネだが、自分はボルドーやカリフォルニアのカベルネを飲むのなら、ティモのカベルネを飲みたい。もはや前者は少々重すぎて量が飲めず、また疲れる。mayerのワインは疲れず、ワインも食事も進む。異質だが本当のワインラバーなら試す価値はある。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています