生産者特集①

Timo Mayer

ティモ・メイヤー  

 

ヤラヴァレー ヴィクトリア州 

オーストラリア

「ファンクを取り戻す」

私たちは単一ブドウ園で手作りでワインを生産する小さな農場です。

ワインは畑で作られていると信じているため、自然なワイン造りのプロセスにできるだけ干渉しないようにしています。
私たちのすべてのワインは、土地本来の表現を示すために、清澄もろ過もしません。
私たちの目的は、違いのあるワインを作ることです。

ちなみに、バックラベルやバーコードはありません。

Timo Mayer

Bring back the funk

ファンク:オーストラリアのワインに関して最初に考えることではありませんが、ワインの構成に重要な部分である場合もあります。世界中の数百万人の音楽オタクにとって、ジョージクリントン、ジェームスブラウン、スライストーン、ミーターズの音楽スタイルは時代遅れになったことがありません。しかし、一般の方にとっては、これらのアーティストらの音楽は過ぎ去った時代の遺物です。昔ながらの洗練されていないワインの全房発酵のようなものです。しかし、ブルーノマーズ、マークロンソン、ケンドリックラマーなどのアーティストがファンクを現代音楽に戻しているように、ヤラバレーの自称「ドイツの農家」がファンクをオーストラリアワインに戻しています。

ですから、ワイン界で最もファンキーな一人として国内外で知られているティモメイヤー氏を紹介できることを大変うれしく思います。

About Timo Mayer

From Württemberg to the Yarra Valley

ティモ・メイヤーはドイツで育ち、彼の家族は、ヴュルテンベルク地方のシュトゥットガルト近郊で400年以上ワインを造っています。この地域で作られるワインのほとんどが「軽く、フルーティーで、気軽に楽しめる」地元の消費のために造られています。ティモにとって将来のシンプルな道は、ワイナリーの跡継ぎをすることでした。しかし、若いティモはやんちゃで、農民などになりたくなく、同じ道を辿ることが嫌で、1987年に彼はヴュルテンベルクを去り、世界に旅に出かけました。

数年後、ティモはオーストラリアに行き着きました。途中、フロリダで妻のロンダに会い、クイーンズランド州北部のケアンズのような熱帯気候で数年をゆったり過ごしました。1993年にロンダとティモに最初の子供が出来て、自分たちは人生で何をしなければいけないかを考えさせられる機会となり、メルボルンにいるロンダの家族や友人の側で、子供たちの為に生活する事を決め、仕事は何をすべきかを考えることでした。ティモはドイツでのワイン生活から逃げ出しましたが、それでもブドウ栽培とワイン造りに興味を持っていました。メルボルンに引っ越したということは、ティモが故郷と呼ぶ素晴らしいワイン産地ヤラバレーでワイン造りをする事を決意しました。

The apprentice finds a master

そして1995年にティモはワガワガのチャールズスタート大学でワイン醸造学の学位を取得し仕事探しします。
当時、ヤラバレーはオーストラリアの素晴らしいワイン産地としての評判が高まっていましたが、主にトロフィーを追いかけるような保守的なワイナリーばかりでした。高アルコールと新しいオークでのワイン造り、、、ティモメイヤーはこれらのスタイルのワインを飲まなかったので、それらを造りたいと思いませんでした。ワインメーカー達はヤラバレーの独特の気候と土壌を理解し始めたばかりで、よりエレガントで面白く深みのあるワインは僅かで、今でもその開拓者として讃えられる「YarraYeringのDr.BaileyCarrodus」や「MountMaryのDr.John Middleton」、「DeBortoli のSteveWebber」といった生産者でした。ティモは彼らの完全に清潔ではないワイン、面白かったワイン、刺激的だと思われたワイン、少しファンクのあるワイン。のような当時のトレンドとは逆行したワインが造りたかったのでしょう。そして1996年、ティモ・メイヤーは、ヤラ・バレーのスティーブ・ウェバーの指導の下、デ・ボルトリ・ワインズで働き始めました。

Timo Mayer – From disciple to wine funk evangelist

DeBortoliでSteveWebberと過ごした時間の中で、Timoはワインのファンクについて多くのことを学び、その後トップワイナリーのジェムブルックヒルに移りました。その間ティモは2000年に彼の名を冠したワインを造り始めました。妻のロンダと家族や友人の助けと支援を受けて、ティモはヒールズビルの南わずか8kmのマウントトゥールベウォンの斜面にブドウ園を植えました。ティモのオーストラリアでの時間は、そのような急な丘の中腹での作業に必要な努力にちなんでブドウ園をブラッディヒルと名付けました。

彼の新しいワインレーベルとジェムブルックヒルでのワインメーカーとしての彼の仕事は、順調に進んでいました。

2004年彼は、オーストラリアではほとんど使用されていないワイン醸造技術である全房発酵を採用し、それを彼のピノノワールワインの1つに適用したいと考えていました。そしてそのワインはヤラバレーとオーストラリア周辺のワインメーカーにとって、それを味わう体験は、ジョージクリントンのPファンクマザーシップが空から降りてくるのを見るようなものだったに違いありません…これは何のファンクですか?!
一部は恐怖で反発しましたが、多くは興味をそそられました。彼らは、複雑さの増大、より絹のようなタンニン、そしてワインの鮮度に魅了されました。オーストラリア全土に彼が与えた影響を過小評価することはできません。オーストラリアではめったに使用されなかったテクニックが復活し、例外ではなくルールになりました。そして、作られているワインは、世界中のオーストラリアワインの認識を打ち砕くのに役立っています。ドイツから暴走した農民にとって悪くないですね。

彼は美味しくエレガントで革新的なピノノワールとシャルドネを作りあげましたが、近年、彼は新しい品種でワインを造り始めました。ネッビオーロとガメイは、ティモが取り組んでいる品種のほんの2つです。彼はまだ責任を負っており、これらのワインで他の誰の真似をせず、ファンク全体の限界を押し広げています。

未来は明るい…未来はもっとファンキーになっている

「地域に合わないワインを作ろうとしたのは数年のこと。今、私たちは本来の姿に戻りました…低アルコール、ミディアムボディ、アロマティックワイン。それが私たちが造ろうとしていることです。」

ティモメイヤー

Bloody Hill Vineyard,
Yarra Valley, VIC

ヤラヴァレーのヒールズビルから南のトゥールベオン山の側面にティモ・メイヤーの畑ブラッディー ヒル(所有している畑はこれだけです)があります。標高約300~470mの大陸気候。花崗岩土壌。
家の前ですり鉢状に広がる傾斜のキツイ丘に植えられている90%はPinot Noir種。残りはNebbiolo種とCabernet Sauvignon種、更にはGamay Noir a Jus Blanc種にChardonnay種となっており、その全てを完全なる無農薬で育てています。

お取扱ワイン