ビクトリア州

Hoddles Creek / Pinot Gris 2020 ホドルスクリーク / ピノグリSold Out

Ora003
Ora003
Ora003
Ora003

清んだキレイ系ベストバリューオレンジワイン

程良いアルコール度数ながらしっかりとしたテクスチャー、果実味は非常に落ち着いたオレンジのピール、金柑のよう、甘さはなくドライなスタイル。よくあるオレンジワインの様な濁りや臭みなど一切ないキレイなワインです。

【原産国】オーストラリア、ビクトリア州、ヤラバレー
【生産者】フランコ・ダナ
【タイプ】オレンジワイン ミディアム ドライ
【ぶどう品種】ピノグリ 100%
【アルコール】12.5%

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥3,100(税込)

ギフト用  

ワイン手提げ袋 白  

SOLD OUT

Franco D’Anna / フランコ・ダナ  1997設立

ヴィンヤードはヴィクトリア州アッパーヤラ・ヴァレー、起伏の激しい丘陵地沿いのホドルスクリークに位置します。1963年よりワイン商を営んできたフランコの周りにはワインが溢れており、ワインに囲まれて育ったと彼は述べています。実家のワイン商で仕入担当をしながらメルボルン大学で商業学修士をとったフランコでしたが、ワイン造りの夢は断ち難く、チャールズ・スチュアート大学に再入学、栽培学を修め97年にこの地に、彼が愛するワインを造るべく植樹を開始しました。

その後 2000~2002 年には Mount MaryのMario MarsonやRed EdgeのPeter Dredgeで、また2006年にはブルゴーニュで研鑽を積むなど、ワインのブラッシュアップに余念がありません。2004年には03Hoddles Cheek Chardonnay がヴィクトリアン・ワインショーで2つのトロフィーを獲得し、その存在を知らしめると、その後毎年のようにワインショーで Hoddlesの名前を聞くようになりました。2009年よりオーストラリアのフラッグシップ、カンタス航空のファーストクラス、ビジネスクラスの両ラウンジで供されています。

”Less is More”彼のワイン造りはこの一言に集約されます。人為的な技術を、極力加えることなく栽培、醸造された彼のワインは、テロワールを忠実に表現し、飲み手にまだ見ぬ Hoddles Cheek を想起させるに違いありません。ベスト・バリュー・ワイナリー・オブ・ザ・イヤー2015を受賞。

栽培

ワインメイキング

全体の90%は手摘みされたブドウを全房のまま容器で足によって潰しスキンコンタクト(SO2 は無添加)、 温度を下げ野生酵母による醗酵をまち古樽へプレス。残りは手摘み後すぐに除梗し圧搾せずに 3 トンのタンクへ移し 24 時間浸漬。野生酵母による醗酵 が始まりおよそ 7 日間のスキンコンタクトと赤ワインのコンセプトで醸しています。

現地にも行きましたがヤラバレーの中でも最も冷涼な区域で、非常に質の高いブドウが採れるといいます。フランコは非常に優しく、日本人の様な気遣いが出来る方です。人が造るワインは味わいにも人間性が現れます。フランコのワインはどれも綺麗でピュア、雑味など全くなく真面目な一面も見られるワインです。フランコのワインだから自分は安心して購入出来ます。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています