ピノノワール

Basket Range Wine / Pinot Noir2019  バスケットレンジ / ピノノワール

Re011
Re011

クラシックかつモダン 複雑味感じながらも落ち着いた酒質のピノ・ノワール

同地最古のワイナリー。第二世代である息子達が、当り前な日常の味わいを目指しながら父親とは若干違ったワインを作り始めました。
ラズベリーやチェリーの果実味は当然なのですが、見事なのはアーシーな野性味。ラベンダーやセージといったハーブのニュアンスがあり、とてもクラシックな纏まりがあります。

【原産国】オーストラリア 南オーストラリア州 アデレードヒルズ
【生産者】ショルト、ルイス
【タイプ】赤ワイン  ミディアム
【ぶどう品種】ピノノワール
【アルコール 】12.5%
【公式HP English】http://basketrangewine.com.au

MAP OF ADELAIDE

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥5,280(税込)

ギフト用  

ワイン手提げ袋 白  

数量  

ショルト、ルイス


今や絹羅星の如き人気生産者達が誕生した事で世界中のワインフリーク達から注目を集める様になった南オーストラリアのバスケットレンジですが、ほんの数年前までは誰からも特建て扱われる事が無かった小さく静かなコミューンでした。

Adelaide Hills【アデレード ヒルズ】という、同州にしては冷涼でエレガントなワインで知られる地区に於いて、その存在は知る人ぞ知るマイノリティだったのです。バスケットレンジワインは、その小さな衛星地区で最も古くに誕生したオリジナル。

Phil Broderick【フィル ブローデリック】のボルドー愛故に植えられたCabernet SauvignonやMerlot、Petit VerdotやMalbecを駆使してクラシックなクラレットを年間数百ケースだけ細々と作り続けて来たのです。

そして今何が起きているのかを垣間見ると実に興味深い状況にあるのが、この同地最古のワイナリー。第二世代である息子達が、彼らにとって生まれ育った故郷の地ワインが持つ、当り前な日常の味わいを目指しながら父親とは若干違ったワインを作り始めたのです。

ショルトとルイスの兄弟がワイン作りを学んだのは、彼らにとって最も近所にあるルーシー マルゴー。ナチュラルなアプローチが日常にある環境で育った彼らだからこそ出来る、自然体の ワインが誕生しています。自身とは違う姿勢を目指す息子達の背中をしっかりと押す父。

そしてそれに応える兄弟。

まだビンテージ3年目の新世代がどんな進化を遂げるか乞うご期待です。指す息子達の背中をしっかりと押す父。そしてそれに応え2年目の新世代がどんな進化を遂げるか乞うご期待です。

栽培

朝日が当たるワイナリーで最も涼しいエリア。昼の暑い日差しは避けられる。
赤い粘土と砂岩の上に深いローム。

醸造

タンク内で約2週間の部分的全房発酵。フレンチオークのバリックとホッグスヘッドで8ヶ月。

まだ試飲出来ていませんが、情報を見る限り美味しいと思います。
以下マイクベニーコメント引用
全ての友人や陽気な人々と家庭で楽しむべき。
クランベリー、野生の肉、白コショウ、細かく溶け込んだタンニンが素晴らしいくカリスマ性のあるワイン。
93 Points, Mike Bennie, The Winefront

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています