その他・白

Unico Zelo / Jade & Jasper 2022  ウニコゼロ / ジェイド アンド ジャスパー

Wh061
Wh061
Wh061
Wh061
Wh061

リバーランドの特別区画から最強コストパフォーマンス白ワイン

フルーツはRiverland【リヴァーランド】産のFiano100%。ステンレス発酵/熟成。グラニースミスと桃の香り、ジャスミンとレモンのニュアンスも。程良い酸が生き生きとしており、ニュートラルな性格はどんな食事の邪魔もせず、併せるシーンを問いません。南オーストラリア州のリバーランド地域にある象徴的なリッカ テラ ファームズ ヴィンヤードの太古の砂質石灰岩土壌からのブドウを使用。 例年同様、素晴らしいテクスチャーのワインで、ディテールとバランスが年々向上しています。

【原産国】オーストラリア、南オーストラリア州、リバーランド
【生産者】ブレンダンカーターとローラ
【タイプ】白ワイン・ミディアムボディ
【ぶどう品種】フィアーノ Fiano 100%
【アルコール】12.00%

https://www.unicozelo.com.au

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥3,800(税込)

ギフト用  

ワイン手提げ袋 白  

数量  

ブレンダンカーターとローラ

ウニコゼロは南オーストラリア州アデレードヒルズのガメラチャに誕生したマイクロワイナリー。ブレンダンカーターとその妻ローラ2人が丹精込めて作るクラフト(ワインだけでなくスピリッツやリモンチェッロ、Tシャツまで!)を看板として瞬く間にオーストラリア中のプロフェッショネルを虜にしてしまいました。
人為的アクセスを極力避ける事は当然なのですが、フィアノやネッビオーロ、バルベラやドルチェットと言ったイタリア由来のオルタナティブ品種にフォーカスを当てている事が特徴です。シャンパーニュでワイン醸造を学んだブレンダン。クレアヴァレーでブドウ栽培学を学んでいたローラは会って間もなく意気投合。忽ち恋に落ちました。情熱と愛情をシェアする中で、お互いの作品を生み出すプロジェクトは自然の流れであり、運命であったわけです。
お気に入りのブドウ品種はフィアノと公言して憚らないブレンダン。更に特定の添加物は悪とも言い切ってしまう彼の姿勢は、常軌を逸した人種やアイディアの芽を摘み取る傾向が強いオーストラリアのオーセンティシティが渦巻くワイン産業に於いて、ルーシーマルゴー達伝統品種を作る人間たち以上に異質と捉えられることもあるようです。イタリア語で「ユニークな情熱」との意味を関する新たな鋭意が誕生しました。

栽培

契約農家から購入。南オーストラリア州のリバーランド地域にある象徴的なリッカ テラ ファームズ ヴィンヤードの太古の砂質石灰岩土壌からのブドウを使用。

ワインメイキング

ステンレス発酵/熟成。

Unico Zelo【ウニコ ゼロ】は完全なる自社畑を持たずともワイナリーを運営しながら前進出来るという新しい形のマネジメントを行っています。収穫するフルーツの全ては契約畑ですが、日々畑のケアを彼らが行う事でリース料金を減らしています。各オーナーが望む際には、フルーツをワインに醸造してから返却する事でお互いにアドバンテージが生まれる関係を構築しているのです。貸主は今まで持て余していたフルーツを理想的なフォームで受け取る事を条件に、破格の値段でUnico Zeloとの契約を結んでいます。

彼らの取り組み方で最も感銘を受けたのは、自分達がフルーツを購入していないブドウ農家までも救おうとする取り組みでした。巨大ワイナリーが二束三文で買い叩いていたフルーツを無料で一手に集め、ある種のコープワインとして販売したのです。各農家はフルーツを買い叩かれていた時代の約3倍に当たるキャッシュ収入を得て、格段に生活ベースが向上しました。農薬を使用していた農家は、Unico Zeloの為にフルーツを提供するという新たな目標を設定し、次々とオーガニックに転換する様になっています。互いが支え合う事で明るい未来が視界に入る様になったのです(ちなみにこの農家救済ワインは非常に安価で美味しいのですが、農薬を使用しているという単純な理由でワインダイヤモンズが輸入するには至っていません)。
Unico Zeloの取組に賛同する農家は後を絶たず、毎年生産ボリュームが順調に成長している大きな理由となっている訳です。

関連商品