ソーヴィニョンブラン

Pierro / Semillon Sauvignon Blanc L.T.C. 2020 ピエロ / セミヨン ソーヴィニョンブランSold Out

Wh033
Wh033
Wh033
Wh033

ステンレスタンク仕込みにより果実本来のアロマと風味を強調したセミヨン・ソーヴィニョンブラン

96pts James Halliday

パッションフルーツや柑橘の新鮮なアロマにほのかな青草の風味が伴い、力強く爽やかな果実はミネラリーで、持続的な酸に支えられた緻密な骨格がある。12%を樽発酵・樽熟成(6ヶ月間)し、適度な重量感と厚みのあるテクスチュアをもたせている。L.T.C=Little touch of Chardonnay を意味する

【原産国】オーストラリア 西オーストラリア州 マーガレットリバー
【生産者】Michael Peterkin マイケル・ペターキン
【タイプ】白 ミディアム やや辛口
【ぶどう品種】セミヨン50%/ソーヴィニヨン・ブラン41%/シャルドネ9%
【アルコール 】13.2%
【公式HP】https://www.pierro.com.au

西オーストラリアの地図

在庫状態 : 売り切れ

販売価格  ¥4,400(税込)

ギフト用  

SOLD OUT

マイケル・ペターキン

歴史と概要

ピエロは元医師のマイケル・ペターキンが1979年に⻄オーストラリア 州マーガレット・リヴァーに興したプレミアム・ワイナリーです。 ペターキンは1973年に⻄オーストラリア大学医学部を卒業し、病院 で3年間働きましたが、⻑時間に及ぶ過酷な勤務を離れ、医学生の頃 から好きであったワインへの道へ進みます。1976年、ペターキンは アデレードのローズワーシー大学に進学し、2年間栽培及び醸造を学 びました。卒業後、⻄オーストラリアに戻り、自身のワイナリーを設 立する一方で、1980年まで同じ医師であるケヴィン・カレンと妻のダ イアナが興したカレン・ワインズでワイン造りに取り組みました。 ピエロの名は、ワイナリーの敷地に岩が多いことから「son of the rock」と自身の名前「Peterkin=son of Peter」を意味するPierroと 掛けて名づけられました。

自社畑

マーガレット・リヴァー、ウィルヤブラップ地区にあるピエロの畑の土壌はラテライト化した深い砂利質で、上層をピンク色の粘土層と古代の岩盤が覆い、砕けた花崗岩が散在しています。緩やかな􏰀面に位置する畑は、海からの涼風が敷地内の小川に沿って吹き込むことで一 定の涼しさが保たれ、また雨によって砂利などが流されないよう岩で 囲まれています。 ピエロはマーガレット・リヴァーで最初に密植を行ったワイナリーとしても知られます。4,000-5,500本/haの密度で植え付けされ、畝と畝との間隔もオーストラリアの一般的な畑の3分の2と狭く、ピエロは畑を耕作するために特別な小型トラクターをヨーロッパから取り寄せたほどです。 午後の⻄日の強い日差しが房に直接当たらないよう、ブドウ樹は南北方向に植えられ、⻄向きの葉を多く残して房を覆っています。収量のバランスをとりながら、質のよいブドウを継続的に実らせることがピエロの高いクオリティを守る重要な要素となっています。

栽培

畑:ウィリヤブラップに位置する計12haの自社畑
栽培面積:7.85ha
土壌:砂利質ローム

ヴィンテージ

2019年とは対照的に暖かい年で、例年より早めの収穫で美しい酸が保持できた。

醸造

手摘みしたブドウを冷却して全房圧搾し15~18℃で30日間かけて発酵。発酵槽はフレンチオーク樽(新旧):12%、ステンレス槽:88%。ステンレス槽とフレンチオーク樽で6ヶ月間熟成(12%樽熟成:新・旧樽使用)。

関連商品