ピノノワール

Hochkirch Wines / Tarrington Pinot Noir 2017 ホッフキルシュ / ターリントン ピノノワール

Re008
Re008
Re008

バイオダイナミック農法によるワイン

オーストラリアで最も冷涼な気候地域のひとつヘンティ地区
野性味あるチェリーの味わい、決して単調ではなく深みすら感じる玄人ピノノワール。

【原産国】オーストラリア ビクトリア州 ヘンティ
【生産者】ホッフキルシュワインズ
【タイプ】赤ワイン ミディアムライト
【ぶどう品種】ピノノワール100%
【アルコール 】12.5%

MAP HENTY

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥5,500(税込)

ギフト用  

ワイン手提げ袋 白  

数量  

ジョン・ナゴルカ

ホッフキルシュは1990年設立。年産は約3000ケースのブティックワイナリー。オーナーワインメーカーは放射線技師だったジョン・ナゴルカ(John Nagorcka )。ヴィンヤードはヴィクトリア州の州都メルボルンから西へ300kmほど、オーストラリアでも最も冷涼なワイン産地の一つであり、ブルゴーニュとの類似性を指摘されているヴィクトリア州Henty / ヘンティ。Hochkirch / ホッフキルシュのヴィンヤードはそのヘンティにおいて特に冷涼な地区・ハミルトンに位置しており、バイオダイナミック農法によって栽培されています。
1.2haに初めて植樹したことがワイナリーの始まりですが、ワインのクオリティーを上げるためその後は栽培や醸造に改良を重ねました。1995年~1997年にかけては植樹のレイアウトを見直し、同時にhaあたり6000本程度の密植に。
そして1997年からバイオダイナミックに移行を始め2005年にDemeterの認証を取得しました。除草剤や農薬の使用はもとより、灌漑さえも一切行っておりません。また醸造でもできるだけ手を加えないよう、野生酵母で醗酵し清澄も濾過もしておりません。SO2はボトリング時の最小限の添加に留めております。ワイナリーは立地斜面の条件を生かし重力式のレイアウトになっています。

栽培

1997年からバイオダイナミックに移行を始め2005年にDemeterの認証を取得しました。除草剤や農薬の使用はもとより、灌漑さえも一切行っておりません。
haあたり6000本程度の密植

醸造

ワイナリー近郊に位置する Tarrington Vineyard(ビオディナミ)からのピノ・ノワール。
ワイナリーは立地斜面の条件を生かし重力式のレイアウトになっています。
30%全房、醗酵前浸漬。野生酵母によって醗酵後、約 2週間のマセレーション。フレンチオーク(新樽15%)へと移され約 15 カ月間熟成(マロラクティック醗酵)。清澄も濾過もしておりません。ボトリング前に少量の SO2 を添加。

最近の自然派ワインブームにまるで乗っかることもなく、日本ではまだ知らぬ人が多いこのワイン。もったいないと思います。
ナチュラルメイキングにも関わらず、ネガティブ要素がないワインを造るホッフキルシュは世界の中でも見本となるべきワインです。

関連商品

この商品を買った人はこんな商品も買っています